愛と癒しのお部屋
出逢いの中で生まれた愛の絵言葉を通して愛と感謝のメッセージを絵と詩で表現いたします。その愛がまた貴女の大切な人へと注がれて愛の循環が広がることを願っています。

【作品】I love myself




愛の絵言葉展
開催初日から早8日目。



在廊日でない日にも
訪れて下さる方もいて
皆さま本当に
ありがとうございます😭❤
倖せです☺🌷



この作品
「I love myself 」



お役目を得て
個展終了後
嫁いでゆくことと
なりました。



この作品、
実は 私の亡くなった父からの
メッセージでした🌷



父を想いながら
父が私に伝えてくれているような
そんな感覚の中で
筆が走りはじめ
倖せに満たされながら
涙して描いた作品💐



購入を決めて下さったのは
私をずっとずっと
応援してくれている
浜松市高塚町にある
飲食店の「はっ葉°」で
女将さんをされている
髙橋珠里さん👩



「横顔の子が居たらその子を。
そんなメッセージを貰っていたよ。
はっ葉°に飾ってあれば
色んな人の目に触れる。
お役に立てる。
かちゅみも来たら観れるでしょ❓」


なんて、、なんて
暖かくて有難い言葉だろう😭






8月頭のとある日に
寸座フランセさんで
食事をとる予定になっていた
その数時間前。




斎灯サトルさんが描かれた
龍の天井画が上がっている
金龍寺さんの山の上で
その日時間を共にしていた
中学2年生のみずほちゃんが
撮影した写真に
カメラ目線で紛れもなく
こちらを見ている
アゲハ蝶が写っています🦋




この数時間後。
寸座フランセさんで食事後
オーナーの村上久美子さんに
声をかけていただき
あれよあれよと
3ヶ月後の11月に個展を
させていただくことになったの。。







「I love myself」


作品の女の子は
アゲハ蝶と会話してる🦋
そして倖せそうな笑みを。


アゲハ蝶は
父が私に逢いにきている。
そう、想ってるの。


父を知らない子どもたちへ
おじいちゃんの存在を
心の中に抱いてほしくて
亡くなって間もなく
まだ小さかった息子が
悲しいねと言ったタイミングで
庭にアゲハ蝶がやってきたので



おじいちゃんね
身体は亡くなっちゃったけど
みんなのこと 気にかけて
アゲハ蝶の姿で
みんなにわからないように
たまに様子観にきてくれるんだよ☺



そんなふうに
私の口から出てきてから
私も勝手にそう感じるように
なっていったの☺



今では
父の話をしていたら
想っていると
アゲハ蝶が目の前に
現れることが当たり前のように☺



ほんとか、どうか。



そんなことは
私には関係ありません☺



亡くなった父が
私を想ってくれている
そう感じられることが
大切だから🌷



1枚1枚に
色んなエピソードがある作品たち。



また語らせて下さいね☺🌷



これからも私の生み出した作品たちが
必要としているアナタの
お役に立てることを想い、願い
私自身これからも
精進してゆきます☺


感謝🌷


大将。
珠里さん。


想いを共に分かち合い
歩んでくださること
本当に
ありがとうございます💐