愛と癒しのお部屋
出逢いの中で生まれた愛の絵言葉を通して愛と感謝のメッセージを絵と詩で表現いたします。その愛がまた貴女の大切な人へと注がれて愛の循環が広がることを願っています。

【感動】忘れていた名を思い出す旅[後編]




神魂結 -むすひ-



私は頑固で
自分の目で観て
自分の耳で聴いて
自分が感じたことしか
信じないです。




疑うことはしない。
だって私は
知らないだけなんだから。




でも私の中の「ほんとう」
大切にしたいから




だからこそ
真心で教えて下さったり
愛で伝えていただいた事柄は
一度は受け取らせていただいて
自らが感じたうえで
受け入れるか決める。




そんな私じつは




宇宙とつながるって言葉がずっと
しっくりこなかった。







感じたことのない私が
使うのは気持ち悪く感じてて。






でもね。気がついたよ。

宇宙は
もうすでに私たちの中にあって
自然の中にいる私たちは
自然界の中のいち自然物なのだから
宇宙を感じるということは
自然の中の森羅万象すべての中に
その中のひとつの大切なパーツとして
存在していることを
実感するってことなのかな。。。






頑固な私は
自分なりに納得のいく答えを
探しているけれど

ほんとはもう知ってる




感じたことだけがほんとって。





何も調べず
ただただ
祥平さんの神魂結セッションを
受けたいがために参加を決めた私は
ラフすぎる格好で
なんの下調べもなしに
笠置山へと足を進める。





こんなに大きくそびえ立つ
岩をみたことがあっただろうか。。。







岩の崎にはなにがあるんだろ?





そう。私は 岩崎 の姓を受け生まれた。





そして枝は岩とそっと寄り添うように
共に共生してた。





祥平さんの奥さんの絵麗さんは
妊娠8か月の妊婦さん。
歩くのも登るのも大変そうだけど
ずっと穏やかでニコニコしてはりました。





参加者の誰が?
そしてどの場所で?

神さま仏さまと
繋がるか、繋がらないか
それは誰にもわからなくて






ただ絵麗さんは
感じるんだそうです。





なんとなく。。
あ、、ここ、、、、





一緒になった初めましての
埼玉県にお住まいの
るっちゃんは
笠置山に入ってすぐの
岩の間の空間で神魂結になってた。





でも
むすひってなに???

わかんないけど
気になる!





そんな私には
るっちゃんの神魂結は
初体験!

こんなんなんやー。。。

でもまだよくわかんない。





道中
笠置山の正月堂の中に
蒼く光る美しい絵が飾ってあって
となりにある大きな大きな岩には
なにか人影のように感じる
跡が残っている場所に差し掛かり






ものすごーーーく感動した私。。






岩ってこんなに
感動するんやなぁ
って。





途中開けた場所にあった
大きな大きな岩の上で
一年のうちで
最も陽が長いとされる
夏至の陽がてっぺんに差し掛かる時に
日光浴しながら
自然の中で一体になれた気がした。






そして先をゆくと
階段が。





絵麗さんを気遣った祥平さんが
行くの迷ったとき




「この上が笠置山の1番てっぺんだよ」




ツアーに連れてってくれた火付け役
いとうめぐみ(通称まーちゃん)が言った。




絵麗さんも
「なんとなく気になるから行こう」




後醍醐天皇が笠を置く
つまり骨休めする場所として
存在していたから名付けられたとされる
笠置山の山頂。




色々あちこち歩いてまわり
しめ縄の向こうにみんなが。





「ここで-神魂結-だそうだよ。」




え、誰が??

私が!!!!!!?????






ビックリだった。
私は呼ばれるようにして
夏至という節目の日に
何の縁もゆかりもないと思っていた
京都府の笠置山・笠置寺にやってきて
気にはなっていたものの
どこか信じきれていない
そんな私。


そしてその場所は
私が感動したあの岩の真上だった。
あの蒼い絵の飾られている
正月堂の真上。





そこはまるで
世界の全てが見渡せるかのような
美しく緑豊かな
自然に包まれた景色。





私という人間は
スケールの大きな大きな
ものすごーく広い視野で
物事を捉えることができるんだそう。

想いを受け取り表現する人。




そんな中
祥平さんが唱える祝詞?
般若心経?

わかなんなくてごめんなさい





とっても心地よくて
途中絵麗さんのあったかい手が
背中に触れた時
涙が頬を伝ったよ。




太一神名
自分がなんのために
肉体をもつことを選んで
この地にやってきたのかという
役割や使命をあらわしてい
るそう。





私の中にいる
沢山の眠っている神様を
いてくださっているとも分からず
知らず、受け入れずいただけで

ほんとは気がついてほしくて
名前を知って欲しくて


こうして導いてくれたのかなぁと思うと
すべては必然なんだと
思わずにはいられません






私の大好きなラピュタに例えると
ラピュタという滅んだ国が
空にあって
絶対あるんだと信じて
勇気をもって行動した先に
想いはそこにしっかりとあった。
動かなくなっていたロボットも
忘れられていたから
使う人がいないから
必要としている人がいないから
動いてなかっただけで
必要としたから
思い出してもらえたから
動きだしたんだよねぇ。。。

千と千尋もそうだねぇ。。。

あーーーもうーー(;_;)






百聞は一見にしかず。





私の太一神名「虚空蔵菩薩」







「知恵功徳の広大無窮なること
あたかも虚空を庫蔵となせるがごとく」


という意味合いから
この名があるといわれています。
その働きは大地にたとえられます。
大地は万物の源です。
万物は太陽のエネルギーと大地の力で
発生成長し、そしてまた、
大地にかえっていきます。
善につけ悪につけ、
地球上のすべては大地から
離れることはできません。
大地は万物を支配し、また万物を産み出し、
万物の無限の未来と可能性の根源となります。
この働きが虚空蔵菩薩です。
知識やお金、物は手に入れても
蓄えなければ何にもなりません。
そして、これを育成して無限に増し、
また自分のものとするのです。
虚空蔵様菩薩は知恵功徳の力で
衆生を導いて善根を貯め、
幸福な衆生を増やすことを願っています。





あぁ。。そうなんだなぁ。。
もう 腑に落ちる。




私の大切にしてきたこと
譲れないもの。
表面的には柔和に争いのなきよう
否定や排除はしたくないしない。

でも

私の中で揺るがないもの。
いつも立ち返るのはそこ。





虚空蔵菩薩さんが私の中で
大きな存在でいてくれていたことを
思い出せてほんとによかった。




私の中の「ほんとう」だった。




なにかを勧められても
頑固な私は受け入れても
なかなか受けとることまでは
あまりないことが多い中
でも祥平さんと絵麗さんの
神魂結-むすひ-セッションは
気になって仕方がなかった。
どうしてもだった。




不思議だな。




神魂結-むすひ-に関しての
情報はFBのコメント欄に
URLを添付するね!




不定期でツアーがあったり
個人的に依頼できるみたいだよ。




感動はやっぱり
動いた人が感じられる
アニキが言った言葉。





今日からの日々が
劇的に変化進化するなんて
思ってない。




私はわたしのままに
いままで通り
大切なものを大切にして
一歩一歩
謙虚に豊かに
感謝の気持ちを抱いて過ごせるよう
日々素直に正直に
生きていくよ。






祥平さん、絵麗さん。
ほんとにありがとう?

私の神魂結に立ちあってくれた

まーちゃん・ゆうこさん
るっちゃん・あやみさん

ありがとうございました!


まーちゃん。
ありがとう。。。?



おまけヽ(´▽`)/